誰でもスマホの料金を下げる方法! 2019年版

ネットの情報

こんにちは、すずなしです。

いきなり質問ですが皆さんは毎月どれくらいの携帯料金を支払っていますか?

ある所の調査によると、大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、auなど)のユーザーの平均月額料金は7876円であると発表されています。

引用サイト:https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1703/17/news110.html

周りがこれくらい払っているから、こんなもんだろうと思っていませんか?

もしそう思っているなら、現代ではその考えは大きな間違いです。

一昔前であれば携帯を利用するのであれば大手のキャリアと契約するしか方法はありませんでしたが現代ではそれ以外にもスマホを利用する方法はあるのです。今回は私がオススメするスマホの料金を抑える方法をご紹介したいと思います。

PR

スマホの料金を抑える方法

スマホの料金を抑える方法は結局の所この2つしか方法がありません

  • 大手キャリアで一番安い契約をする
  • 格安simを使う

この2つの方法以外では現在の日本では料金を下げることはできません、どことも契約しないという方法もありますがそれはあまりにも不便でメリットが少ないのでオススメはできません。

では大手キャリアで一番安い契約をするという方法ですが

参考サイト:https://bitwave.showcase-tv.com/basicpack-pitattoplan-otegaruplan/2/#plan2

これが今の大手キャリアでの一番安く契約できるプランですが、月額料金をみてわかる通り、3社とも足並みを揃えての1,980円というものになります。それも月に1GB未満しか使用することができないというものになっており、スマホをよく触る人ならすぐに通信制限がかかるでしょう。

これが大手キャリアで安い契約をするという事をオススメできない理由なのです。

格安SIMを使う

これが私が一番オススメするスマホの料金を抑える方法です。

格安SIMとは

そもそもSIMカードというのはスマホや携帯を契約した時に必ず入れられているもので、格安SIMというのは、大手キャリアよりも安く使えるSIMカードのことを格安SIMと言います。SIMの素材が粗悪品を使っているから格安SIMというのではなく、大手に比べて格安で利用できるので格安SIMというのです。

安さの理由

安さの理由ですが、格安SIMは大手携帯会社の通信サービスを安く仕入れて、人件費などのコストを限りなく抑えることにより、その安さを実現しているのです。

安さ故にデメリットもあります、それが通信速度です。

一般に格安SIMは大手キャリアに比べて昼間や夕方などに回線が混雑し、通信速度が遅くなることがよくあるのです。私も格安SIMを利用しており確かに昼間では通信速度が遅くなる事がありますが、それ以外では通信速度の遅さに気になる事はなく、ユーチューブや漫画を普通に読むことが出来ています。

しかしそんなデメリットに総務省は、「速度差別があることで適正な競争ができていない」と見ており速度問題が解決されるのも時間の問題です。

通信速度の解決

現状での通信速度を気にする方もいるとは思うので、簡単に解決する方法をご紹介します。

それはWi-Fiを利用することです。Wi-Fiを利用すれば遅い回線を使用しないので格安SIMを利用している人でも通信速度を気にすることなく、ネットに繋げることができるのです。

Wi-Fiの選び方についてはこちらの記事で紹介しております。

スマホを安く利用する方法

では具体的にどうすれば安く利用できるのかをご紹介します。

1.まずは自分の使いたいスマホや携帯を準備します。

大手から乗り換えたい方や、ずっと使っているものを使いたい方などは、今使っているものをそのまま利用することができます。

2.格安SIMの会社と契約する

格安SIMはネットで簡単に申し込みができ、私の知る限り最安で404円から利用する事ができ種類も豊富にあるので自分にあった会社と契約して下さい。格安SIMの選び方ですが、それは別の記事にて紹介するので少々お待ち下さい。

契約が終わったらあとは簡単です。届いたSIMカードをスマホや携帯に挿入したら利用することができるので、面倒な設定などは必要ありません。

まとめ

このようにすれば毎月の携帯の料金を格段に下げることができ、無駄なお金を使うことなく生活することができるのです。私は現在、大手キャリアと格安SIMの両方を利用していますが、その差が気になることは、ほぼありません。これを機に格安SIMへ切り替えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました