現役社員が教えるコンビニ社員って何するの?

暮らし

コンビニでアルバイトをしていてこのまま店長や副店長になろうかなと考えている人が疑問に思う事もあると思うので、今回は現在セブンイレブンで実際に副店長をしている私がコンビニ社員について詳しくご紹介しようと思います。

PR

コンビニ社員≠本部の社員

意外と知らなかった方もいるのではないでしょうか。コンビニの店長、副店長は本部の社員とは全然違うものなのです。まずはその辺りについて説明します。

直営店とフランチャイズ店

知っている方も多いですがコンビニは2つの営業形態があります。それが直営店とフランチャイズ店(オーナー店とも言います)。

直営店の場合

直営店はコンビニ本社の人間によって運営されており、このお店の店長などの場合は本社の社員になります。セブンイレブンの場合はセブン&アイ・ホールディングスに雇われている社員という事になります。

また直営店は養成所や研修場所としての役割も担っており、本部の社員が実務での研修をする場所であったり、フランチャイズの店長やオーナーが研修を受ける場所という役割もあります。

フランチャイズ店の場合

フランチャイズ店の場合は一般の人が営業しているお店で、本部の人間は営業のサポートをするだけで、お店の運営には基本的に関わっていません。
また、フランチャイズのお店の店長や副店長などの社員は本部に雇われているのではなく、そのお店のオーナーに雇われているのでコンビニ社員≠本部の社員となるのです。

なので、本部社員との待遇の違いや雇用形態に違いが生じるのです。給与に関してもオーナーの判断なので、同じ役職でも店が違えば給与も違ってきます。

複数店舗運営しているオーナーの場合、法人化している場合もあり、複数のフランチャイズ店を運営している会社という形態をとっていたりします。この場合の社員もこの会社の社員という事になるので、本部の人間とは違ってきます。

ですので、コンビニで店長や副店長をしているからといって本部の社員とは給与も違いますし、休日なども違うので、全くの別物となります。
なので当ブログではコンビニ社員と本部の社員という呼び分けをしています。

コンビニ社員の仕事

では気になるコンビニ社員の仕事をご紹介したいと思います。

  • シフトの穴埋め
  • シフト作成
  • キャンペーンの準備
  • キャンペーン取り組み
  • ミーティング
  • 発注&棚づくり
  • 売上日報の作成
  • 商品の補充
  • 新人従業員の教育
  • クレーム対応
  • その他細かい仕事

シフト作成や新人教育以外は基本的に毎日しなければならない仕事です。お店によっては本点検というレジをリセットする仕事も社員がしなければならない場合もあります。

仕事の詳細

シフトの穴埋め

バイトの子が休んだり、人が足りなかった場合にその穴埋めをしなければなりません。どんなに過酷な労働状態になろうと穴が空いたシフトは埋めなければならないので人がいないお店はかなり大変な事になります。
私が過去で一番きつかったのは21時間勤務に入っていた事ですねw
21時間働いて休憩は1時間ですからかなり地獄でした。家に帰ったら気絶するように1日寝てました。

シフト作成

作成の周期はお店により違いますが基本的には毎週作成します。
お店の人間関係や仕事の能力のバランスを考えて作らないといけないので大変です。

また埋まらなかった所はバイトの人に相談して入って貰ったりして、なるべく穴がないようにしなければなりません。

キャンペーンの準備

毎週色んなキャンペーンがある為それに合わせてPOPなどの準備をしなければなりません。絶対にしないといけない業務ではありませんが、売り上げを上げないと文句を言われるのでやるしかないのです。

キャンペーンの取り組み

準備ができたらそれを実行しなければなりません。シフト毎に変わる従業員さんにキャンペーンについて教えたり、自分も表に立って声かけをするなど自ら率先して取り組みます。

ミーティング

毎週ミーティングがあり、そこで来週の計画などを本社の社員と話します。お店の商品が欠品していたりするとここで文句を言われるので、売れない商品でも十分に入れなければならないのです。

発注&棚づくり

これが一番大事な仕事で商品が売り切れにならないように前日や去年のデータを参照しながら発注をします。多く発注すると廃棄になるので、丁寧に発注しなければなりません。
この仕事は毎日しなければならず、全ての商品を発注すると2時間はかかります。

毎週来る新商品の為の棚づくりも多く発注した商品があるなら、その分の場所を作らないといけないので棚づくりも必ずしなければなりません

売上日報の作成

前日の売り上げを日報として毎日送信しなければなりません。大量の公共料金の紙を数え、仕分けして、まとめて、売上金を本部に送金しなければなりません。

商品の補充

人が空いていれば従業員に補充してもらう事ができますが、それができない時は自分でなくなっている商品を補充しなければなりません。
夏だとソフトドリンクがよく売れ、冬はホットドリンクがよく売れるので、補充は必須です。

新人従業員の教育

新しい従業員の教育も大切な仕事です。ある程度まで教えることが出来たら、ベテランの従業員さんに任せる事が出来ますが、それレベルまではつきっきりで教える必要があります。

クレーム対応

クレームの電話がくることもよくあります。理不尽な事を言われることもありますが、それでも対応しなければなりません。
商品の入れ忘れなど、こちらに完全に責任がある場合はお客様の家まで届けなければならないこともあり、こういった事になるとかなり大変です。

その他

他にもバックヤードの整理や棚卸しなど定期的にしなければならない仕事がたくさんあり、毎日仕事に追われます。

コンビニ社員の給与

これはオーナーによって変わるので一概に良いとは言えませんが、私はそんなに悪いものではないと思います。
私の場合ですが

  • 給与=固定給+役職手当+交通費+残業代+人によってはその他手当有り
  • 社会保険加入、労災加入
  • 年2回昇給あり
  • 有給休暇消化の為の夏休みと冬休み有り
  • 完全週休2日制

劣悪な環境で働いてい方からしたら驚きかもしれないですが、これが私の会社の雇用状態です。週に40時間は必ず働く必要がありますが、1日換算で8時間なのでそんなにきつい事はありません。また社員が複数名いる為今の所完全週休2日制をとることも出来ているため、十分に休息をとることも出来ます。

夏休みと冬休みも有給消化という名目ですが1週間ずつとることが出来ます。
なのでコンビニの店長や副店長だからと言って必ずしも劣悪だというわけではないのだと思います。

ただ、オーナーによって雇用条件は違うので注意は必要です。

コンビニ社員の欠点

ここまでで、雇用状態も悪いものでは無いと紹介したコンビニ社員ですが、私は2つ大きな欠点があると思っています。

  • 将来性が無い
  • 毎日が退屈

将来性が無い

現段階では給与にもそこまで不満は無いのですが、将来を見据えた時の不安感はかなりあります。
今そこそこの給与をもらえているのは残業をしたり深夜に勤務をしているからで、体力が落ちてそれが出来にくくなるとかなり厳しいです。

また、コンビニで仕事をしているだけではあまり得るものは無いと思います。もちろん営業や店を運営する能力は養われますが、コンビニ以外で働いても備わるものなので、専門性が無い分あまり役に立たないと思います。

その為、コンビニの仕事だけをしていて転職しようとするとかなり苦労するでしょう。そういった点からコンビニ社員に将来性が無いと私は感じています。

毎日が退屈

他の仕事でも言えることかもしれませんが、コンビニの退屈さはかなりすごいですよ。
仕事は山のようにありますが、慣れてしまうと何も考えなくても出来てしまいます。

そして同じことを毎週毎週同じように繰り返すので退屈です。段々と仕事の記憶がなくなっていきます。私は現在このブログや転職の準備をしているのでそんな退屈さは良いですが、そうでない場合は日々が楽しく無いだろうと思います。

総評

最終的には私はコンビニ社員はそんなにオススメ出来ません。

日々退屈な激務に追われ、体力的にしんどくなっても仕事は変わらず働き続けなければならないコンビニ社員は過酷だと思います。

オーナーになるという選択肢もありますが、それはもっとオススメしません。オーナーになったら死ぬまで店に関わり続けなければならず、その後の店の事も何とかしなければならないので大変です。

とりあえず働きたいという人には良いかもしれませんが、それ以外ならオススメは出来ません。コンビニはあくまでバイトレベルで良い仕事であって本職でする仕事では無いと考えています。

タイトルとURLをコピーしました