マツコ大絶賛のバナナジュースを自宅で簡単に作るレシピ

話題の情報

こんにちは、すずなしです。

23日の「マツコの知らない世界」でバナナジュースが紹介されてその反響はすごいですよね。マツコデラックスが絶賛するとその商品はすぐに売れ切れになったりと影響力は計り知れませんね。

そんなマツコデラックスが絶賛したのが野田枝里氏の語った「バナナジュースの世界」そこで日本ではなかなか手に入りにくい幻のバナナで作ったバナナジュースにマツコデラックスが大絶賛したのです。

そんなバナナジュースをミキサーなどの道具を使わずに自宅で簡単に作るレシピを考案したので、それをご紹介したいと思います。

PR

バナナジュースレシピ

材料(一人前)

  • バナナ・・・1本
  • 牛乳 ・・・150ml

1.バナナの皮を剥き、手でちぎりジッパー付きの袋に入れてください

2.袋の空気を抜き、しっかりと閉めてから手で揉みます(この時にバナナを細かく握り潰す事で完成した時のなめらかさが良くなります)

3.握ったバナナを平く広げます

4.平く広げたバナナを袋に入れたまま冷凍庫で30分程凍らせます(完全に固まらないでドロッとしている状態でOKです)

凍らせたもの

5.凍ったバナナをシェイカーなど蓋ができる容器に入れます

6.冷たい牛乳を入れ10回程度シェイクします

シェイクしたもの

7.あとは好きなグラスに注いだら完成です


バナナの果肉が完全に溶けること無く程よい果肉感があるのでとっても美味しいですよ。冷凍する時間を除いたら3分くらいで作ることが出来るので忙しい朝にもおすすめです。使用するバナナは新鮮でフレッシュなものよりも完熟して黒い点々がつき始めているものの方が美味しく飲むことができます。もちろん新鮮なものでも美味しいので安心してください。

このバナナジュースでは砂糖を使っていないのに甘くて飲みやすいので小さなお子様にも喜んで飲んで頂けると思います。もっと甘さが欲しい場合ですと、身体に優しいきび砂糖やはちみつを少量加えると甘さが上がり美味しく飲むことができます。

包丁などの道具を使う事なく簡単に作ることができるのでお子様と一緒に簡単に作ることが出来るのでオススメです。

アレンジ

このレシピの簡単なアレンジレシピも一緒にご紹介します。


1.潰したバナナを凍らせる時間を30分→1時間に伸ばして凍らせて下さい

2.通常のレシピよりもカチコチに凍っているので袋の中で割ってからシェイカーに入れて下さい

3.牛乳を半分程入れ、フォークなどでバナナを細かくするイメージで軽く混ぜて下さい

4.残りの牛乳を入れシェイクしたら完成です


通常のレシピよりもバナナが凍っているため、よりデザート感覚に近いバナナジュースを作ることができます。バナナの溶け残りが結構多いのですが、それがまた美味しいんです。程よく溶けたバナナと牛乳が合わさってシャーベットの様な食感を楽しみながらバナナジュースを飲むことが出来るのでこちらのアレンジレシピも是非お試しください。

バナナの健康効果

さてそんなバナナですが実は健康効果がかなり良いんです。

  • カリウムが豊富に含まれている
  • 腸内の善玉菌を増やす食物繊維が含まれている
  • 胃の負担になりにくい糖なので身体に優しい
  • 幸せホルモンの元になるトリプトファンが含まれている

カリウムをしっかり摂取する事で血圧が下がり、脳卒中のリスクを下げる事ができます。さらにカリウムを摂取することで身体の中の体液のバランスが整う為カリウムは積極的に摂取した方が良いのです。

さらに2018年にバナナには身体の炎症を軽くする効果なども発見されているので運動している人がバナナを食べているのは納得ですね。

この様にバナナにはかなりの健康効果が科学的に証明されているのです。コンビニなどでも普通に売っており、バナナは比較的入手しやすいので朝食にバナナジュースを飲む事で健康的な一日を送ることができますね。

まとめ

一人暮らしをしている方だとミキサーなどの調理器具を持っていない方も多いので、今回の道具を使わないバナナジュースのレシピを考案致しました。本当の事を言うと我が家にもミキサーなどの道具が無かったのですがどうしても美味しいバナナジュースが飲みたくて試行錯誤しましたw

バナナを潰す際により細かく握りつぶすことで牛乳と混ぜた時に溶けやすくなり、滑らかな舌触りになるのでそこがポイントですね。

タピオカの次に流行るのはバナナジュースではと噂をされるくらい昨夜の放送は反響がありましたね。実は私の働いているお店でもバナナを売っているのですが、普段無くなる事のバナナが売り切れになっていてビックリしました。これから試す人も多いと思うのでバナナの確保を優先しないとですね。

タイトルとURLをコピーしました