UberEats配達員、冬の防寒対策はどうすればいいの?

Uber Eats

Uber Eats配達で稼いでいる人なら春夏秋冬関係なく配達に向かっています。

自転車配達に慣れていれば、冬はどうやって防寒をすれば良いのか分かりますが、慣れてないと悩みますよね。

もし下手な防寒をすると配達の効率が悪くなり稼げる量が減ってしまいます

冬でも効率よく配達して稼ぎたいなら、正しい防寒対策をしなければならないのです。

今回は、Uber Eats配達員(自転車)が着た方が良い冬の服装についてご紹介します。

PR

一般的な冬の防寒対策

冬の一般的な防寒対策といえば、モコモコのダウンジャケットや厚手のコートではないでしょうか。

単に防寒対策をするのであれば、厚着をして手袋やマフラーをすれば充分です。

また、さらに防寒をするのであればヒートテックなどの機能性インナーを着ることで万全の対策をする事ができます。

ですが、もし配達員がこの様な防寒対策をするとどうなるでしょうか。

配達スピードが落ちる

あなたは厚手のコートを着て自転車に乗った事はありますか?

普段の格好で乗るのと違い、全然スピードが出ないですよね。

身体にかかる重さが増える事はもちろん、コートの裾などが接触して満足に配達する事ができません。

その事により配達効率が落ち、貰う事のできる報酬が減ってしまいます

暑い

もし、一般的な防寒をして普段通りに配達すると、暑すぎて配達どころでは無くなります。

それもそのはずで、配達をしている間は常に運動をしている状態で、身体が内部から温かくなります。

内部から温かくなっているのに、厚着をする事で外からも暖められたら、体感温度は真夏の様になります。

なので、Uber Eats配達員は一般的な防寒対策をしてはいけません

Uber Eats配達員の防寒対策

Uber Eats配達員の防寒対策ですが、一番近い形はサイクリストの防寒対策です。

サイクリストの防寒対策は機能性インナーと機能性アウターを組み合わせたものになります。

機能性インナー

機能性インナーに代表されるもので有名なものはユニクロのヒートテックがあります。

薄い生地なのに発熱性があり、速乾性があるなどの機能を持っているインナーを機能性インナーと呼びます。

あなたが自転車で配達をしているなら分かると思いますが、配達中ってかなり汗をかきますよね。

夏は大量に汗をかく事は想像できると思いますが、実は冬でもかなりの量の汗をかきます。

機能性インナーに求める機能は、速乾性吸湿性です。

速乾性とは

速乾性は汗をかいた際に、素早く乾かす機能です。

冬の配達でも配達中は多量の汗をかくので、その汗を素早く乾かす必要があります。

もし、速乾性が無いものを着ると汗が外気で冷やされて通常よりも身体が冷えやすくなります。

吸湿性とは

吸湿性は、汗をインナーが吸収する機能です。

吸湿性のあるインナーを着ると、身体に汗が残りにくくなるので配達中でも快適に過ごす事ができます。

もし、この吸湿性が無いと汗をかいてもずっと身体に残り続け、汗冷えを引き起こしてしまいます。

速乾性と吸湿性を兼ね備えたインナーがベストです。

機能性アウター

機能性アウターもインナーと同じ様に、速乾性などの機能を持っているアウターの事をさします。

ただし、サイクリストが着るアウターで重要なのは、防風機能透湿機能です。

防風機能とは

防風機能とは、風をどれだけ防ぐ事ができるかどうかです。

自転車で走行している時は、一般的に時速20〜40キロくらいのスピードが出ています。

その際にかなりの勢いで風を受けるのですが、冬になるとその風が異常に冷たいんです。

そんな風をシャットアウトする機能が防風機能です。

透湿機能とは

防風機能と違い、透湿機能はあまり聞いた事が無い人もいるのでは無いでしょうか。

透湿機能とは、衣服内の水滴にならない蒸気の汗を衣服の外に出す機能のことです。

透湿機能はレインウェアなどでよく使われており、この機能があると衣服の中の湿度が上がりにくいので、汗をかいても爽快感があるのです。

Uber Eats配達員のインナー

では正しいインナーの選び方ですが、インナーには吸湿速乾性の他に生地の厚さが重要になります。

生地の厚さ

インナーは生地の厚さが大きく分けて3種類があります。

1.ライトウェイト

3つの中で一番生地が薄いので、速乾性に優れ重量もほとんど感じないので、走行時のストレスが一番少ないのがライトウェイトの生地です。

ライトウェイトはオールシーズン使えて、真冬でも重ね着して調整する事ができます。

2.ミドルウェイト

適度な厚さがあり、寒くなってきた時に向いている生地です。

真冬にも他の服との組み合わせる事で対応できるので凡庸性の高い生地といえます。

3.ヘビーウェイト

3つの中では一番生地の厚さがあり、保温性が高い物が多くインナーとしては一枚で冬を越える事ができます。

しかし、速乾性が無く、配達員の着るインナー生地としては向いていません。


冬に自転車で配達員をするなら適しているのは、ライトウェイトとミドルウェイトです。

中でも私のオススメはライトウェイトのインナーです。

私の基準としては、あまりお金をかけたく無いので、オールシーズン使えるライトウェイトの方が出費が少なくて好きです。

極端に寒さに弱い人でなければ、ライトウェイトでも十分暖かいです。

おすすめのインナー

1.グンゼ YG COTTON 100%シリーズ

綿100%の素材でできているので、肌触りが良く保温性もあります。

生地の厚さはミドルウェイトなので、秋冬に適したインナーシャツです。

3Dシミュレーション技術により、身体のラインに沿ってほぼ均一な着圧感になっています。

価格もお手頃なのであまり予算をかけたくない方にもオススメのインナーシャツとなります。

購入者レビュー

以前はユニクロのものを着用していましたが、なんだかんだ綿100%に 行き着きました。化繊と比べても断然着心地良いですね。 毎日着るものだからこそ、良いものを選ぶべき。

Amazon ガンガンガン即

いつも使っています。 この暑い季節に汗をかいても臭くなることもなく頑張ってくれています。 何度も洗って繰り返し使っていますがヘタリも少なく、毎日気持ちよく着させて頂いています。 肌触りも良いので、エアリズムなどのさらりとした感触が苦手な人にはおすすめです。 綿100%は最高です。

Amazon lacool

2.シーダブリューエックス トップス JYURYU/JAO399

機能性を詰め込んだインナーシャツとも言える高級インナーです。

テーピング原理を組み込んだこのインナーは肩甲骨の可動域を広げる機能があり、身体の動きを効率よく導きます。

効率良く身体全体を動かすので、運動時の疲労を軽減するので長時間の配達でも疲れにくくなります。

吸汗速乾性が高く、UVカットもできるのでオールシーズンに対応できます。

購入者レビュー

速乾性があるので、運動してもムレにくいですし、
汗をかいても匂いが抑えられていいです。
体にフィットするので暑いかと思いましたが、
メッシュ素材が熱を逃がしてくれるので、
想像ほど暑くありませんでした。
場合によっては、夏も使えそうだなと思いました。

Amazon こむぎむぎ

メッシュで通気性がよく、身体を動かしても
熱がこもらなくて快適です。
洗っても乾きやすくていいですね。
サポート機能が、肩甲骨、広背筋、腹斜筋にあるため
着用時のフィット感がありますが、動いてもフィットして
動きやすく、動きのサポートをしてくれるため体が楽だなと感じます。
UVカット機能があるのも安心です。

Amazon Kk

3.Damus 快動インナー スポーツ専門店が本気で考えたインナー

スポーツ専門店が本気が考えたというだけあって、運動をする人の事を考えて設計されているインナーです。

ポリエステルとスパンデックスとの2種類の繊維を使っており、長時間の運動にも耐えられるスポーツ専用素材です。

また、速乾性に優れているので汗をかいてもすぐに乾きます。

洗濯による生地の伸びや色落ちが少ないので長期間使用する事ができるコスパ最強のインナーシャツです。

購入者レビュー

ジムトレ用に購入しました。
これまでにも、ジムトレ用に数枚のアンダーウェアを購入していますが、今回購入の商品も正解でした。生地の肌触り、収縮による着圧感、速乾性、どれをとっても合格です。
私は176cm,65kgですが、Mサイズでジャストフィットでした。
着丈が若干長めなので、身体を動かしも胴切れの心配もありません。
袖が短いので上に着るウェアを選びません。
洗濯してもすぐに乾くので、ジムトレ時のヘビロテになりそうです。
普通に下着を買ってもこのくらいの価格はするので、コスパはかなり良いと思います。

Amazon 自宅ライザッパー

作業着の中に着るものとして購入。
寒いところと涼しいところで激しく動くため、汗が冷えてそれが嫌だったのでヒートテックを辞めてこちらを使用しましたが、暖かさは同じで動きもサポートされているかのような着心地です。
汗冷えもあまり気になりませんでした。
あまりにも汗をかくとさすがに少しは違和感あるかもしれませんがそこまでカバーできる肌着自体ほとんどないと思います。
敏感肌で痒くなったりしますが、こちらは大丈夫でした。
この値段なら十分な性能だと感じます。
購入品が届いたときにちょっと嬉しい物があり驚きました。
こういうちょっとしたところは大事ですね。

Amazon 素人さん

Uber Eats配達員のアウター

冬の自転車配達員が着るアウターは防風性透湿性を基準に選びます。

中でも防風性は重要で、冬の冷たい風をシャットアウトするのでちゃんとした物を選んだ方が良いです。

透湿性も重要ですが、インナーが速乾性のあるものを着ているなら十分です。

真冬はアウターを2種類着る

サイクリストでは定番なのですがアウターを2種類着ることで効率よく防寒する事ができます。

一つ目が防風性のあるアウターで、防風性に特化した薄手のアウターを外にきて風をシャットアウトします。

2つ目に保温性のあるオールシーズンで対応できる万能のアウターを中に着る事で防寒する事ができるのです。

オールシーズン対応のアウターだけでは、冬を乗り切る事はできませんが、防風性の高いアウターを着る事でオールシーズン対応のアウターでも冬の配達を行う事ができます。

この場合、冬用に購入するのは防風性の高いアウターだけなので無駄にお金を使う必要が無く、経済的です。

おすすめの防風用アウター

冬の配達で重要になる防風性のアウターですが、防風機能以外でも水を弾く撥水加工が施されているものが良いです。

撥水機能があれば多少の雨にも対応できるので荷物を増やしたくない配達員にとって便利な物になります。

1.Morethan サイクル ジャケット ウインドブレーカー 

Amazonのメンズサイクルジャケットのベストセラー1位の防風用アウターです。

本体重量が200g未満と超軽量設計で使わない時でもコンパクトに畳んで収納できます。

防風のみでなく撥水加工もしているので機能性も高く、3D立体縫製により身体にフィットしやすくなっているのも特徴です。

価格も安くカラーバリエーションも豊富なので、配達初心者やサイクリング初心者にオススメのウインドブレーカーです。

購入者レビュー

身長 172 cm, 体重 63 kg で、M サイズは大きすぎず、小さすぎずバッチリのサイズでした。通勤に使っていますが、12月に入ってもインナーにベストでこれを着て往復 20 km 程度を走っていますが、このウィンドブレーカーの防風性が高いため快適に通勤できています。色はグリーンにしましたが日中も暗がりも目立ち安全に役立っています。またスタイリッシュでカッコイイと思いますよ。十数年パールイズミを使い続けてきましたが、最近のパールイズミは軽量性を重視しているためか、生地が薄く防風性が落ちてきていて、その割に価格が高いため他のものをいろいろ探していました。そこでこの商品と出会い、値段も安いのでダメ元で購入しましたが大成功でした。耐久性(特にファスナー)も気になるポイントでしたが今の所まったく問題なし。もう一着購入を計画中。オススメします!

Amazonカスタマー

表記の以外に体型は腕は太めで、お腹は出気味。Mサイズでは腕はぴったりフィットですが、圧迫を感じるほどではありません。伸びる生地じゃないのでかなりタイトに感じましたが、自転車乗る分には特に問題ありませんでした。重ね着はできなさそうです。お腹周りはぴったりフィットですが、あまりブカブカ状態で着る物ではないと思ってますのでこのタイトさは期待通りでした。コスパが良い自転車用ウインドブレーカーだと思います。

Amazon Oni

2.パールイズミ PEARL IZUMI プレミアム ウィンドブレークジャケット

サイクリング用品大手のパールイズミの冬用防風ジャケットです。

パールイズミでは、対応できる温度が商品によって異なり、このウィンドブレーカーは外気温0℃まで対応できる真冬仕様となっています。

0℃まで対応している高級モデルなので完璧な防風性能で冷気を遮断します、衣服内のムレは排除するので真冬の寒さでも快適に配達する事ができます。

さらに優れた伸縮性を兼ね備えているので配達中の身体の動きにも対応するので、身体にかかるストレスを軽減してくれます。

購入者レビュー

レーシングフィットということで普通よりタイトという話なので
冬用ということも有りいつもより2サイズ上のXLを購入
175cmで70kgです、
結果Lでも良かった気がします。
だからといって、やや大きめでも冷気が侵入するわけでもなく非常に温かいです、
真冬でも日の出前に走り始めるのですが、
インナーにアンダーアマーのクールギアを着てその上から
このジャージを着いればボトルの水が氷る寒さでも全然平気です。
この冬一番寒い日は5時間走って平均気温が-5度でしたが
このジャージのおかげで快適でした。

Amazon mura

真冬の札幌にて、これの下にパールイズミの長袖アンダーシャツを着ての感想です。寒さに慣れている北海道の人にはー4度位なら充分快適だった。最初は腕の後ろが寒いが、走り出して5分もすれば丁度良くなる、1時間走るとまた寒くなるが、涼しいと感じるぐらいでした。-7度以下だとさすがに寒く、もっと着こまないと限界でした。0度まで対応となっているが0度では熱いくらいでかなり汗をかくくらいでした。サイズは身長165cm筋肉質体系でMサイズでピッタリで直立した状態では首や胸周りがきついが自転車に乗りやや前傾姿勢になると全く違和感が無くなり、良く出来ているなあと思いました。

Amazon あ

3.パールイズミ PEARL IZUMI サイクル ウィンドブレークジャケット

サイクリング用品大手のパールイズミの冬用防風ジャケットです。

パールイズミでは、対応できる温度が商品によって異なり、このウィンドブレーカーは外気温5℃まで対応できる冬仕様となっています。

透湿性10,000g/㎡/hrs・耐水性10,000mm/H2Oというかなり高い数値なので、衣服内でも蒸れずらく、多少の雨にも対応できます。

また、重ね着をする事もできるので5℃以下でも重ね着で対応する事が出来るので、利便性も高く値段に見合った性能を発揮してくれます。

寒さよし、蒸れよし、雨よしの3点全てが揃っているので高コスパなのでこれさえあれば間違いありません。

レビュー

178㎝69kgの私が着ると、ちょうどいいor若干大きめと感じます。
下にヒートテックと薄手のシャツを重ね着していますが、
気温が一桁の日でも寒くありません。
4年着倒してもヘタリがなく、さすがパールイズミと
感心させられます。オススメです。

Amazon S/Y

早朝、気温0℃~5℃の環境で下には薄めのベースレイヤー1枚。
これだけで十分温かいです。いや、走りだすと汗ばみます。
(因みに私は暑がりです)
 
ガチでペダルを回す時は少々暑いかも。
厳寒期にまったりポタリングって時には最高の商品だと思います。
汗ばんでもすぐに乾くので、寒くはなりません。

Amazon 1ダースベイダー

Uber Eats配達員のボトムス

冬の自転車配達員が着るボトムスは防風性動きやすさを基準に選びます。

ボトムスの場合は一枚だけでの防風対策になるかと思うので、寒さに弱い方は防風性能の高い物を選ぶのが無難です。

また、自転車用だとお尻の部分にクッションが装備された物があり、自転車の振動による疲労を軽減してくれます。

おすすめの冬用ボトムス

1.ウェルクルズ(Wellcls) 冬用 サイクルパンツ レーサーパンツ

冬用のレーサーパンツで、前面は防風素材でできており、地肌に触れる裏面は裏起毛素材で出来ているので、防風性だけでなく、保温性・通気性も兼ね備えています。

さらに自転車のサドル部分と接触する位置に、通気性・吸汗性の優れた3Dゲルパッドが付いているので、振動によるストレスや痛みを軽減します。

これがあれば、冬でも長時間の配達を快適に行えます。

購入者レビュー

安かったのとデザインが良かったので購入しました。
б(^^)は身長175cmで体重74km、ウエスト86cmくらいの普通体型ですが、Lサイズ(80~86cm)で
ちょうどいいパッツンパッツン具合で、ジャストフィットです。
ただしピチピチなので、下にタイツ履く余裕はありません。
気温10度前後のサイクリングでも、前面は風を通しませんので、まったく寒くないです。
サイズがジャストフィットなので、パッドもずれなくていいですね。
小さいけどチャック付きポケットもありがたいです。

これ以上暖かくなると、暑く感じるかもしれませんが、今の時期は助かります。

Amazon カスタマー

身長184cm、体重85kg、股下85cm、XXLサイズを購入
サイズはぴったり。欲を言えば足首の長さがもう少しあった方が好みです。ウエストには紐があるので、走行中にずり落ちることはありません。
私感になりますが、肌触りは悪くありません。足首にチャックがあるのも〇。脱着の際に非常に楽です。
パットは思ったより厚みがあります。しっかりとしたパットが付いています。
冬場の5℃以下の気温でも使用しましたが、前面からの風は通しませんので、これ一枚でも十分にあったかいです。
約2ヶ月間使用しましたが、いたんだ所はありません。耐久も問題ないと思います。
値段も手頃ですし、非常に良い商品だと思います。

Amazon ズムズム

2.パールイズミ PEARL IZUMI ウィンドブレークメガタイツ

サイクル用品大手のパールイズミの冬用サイクルパンツです。

このモデルは5℃まで対応出来るので冬にはこれが一枚あれば、最効率で配達を行う事が出来ます。

透湿性(10,000g/㎡/hrs)・耐水性(10,000mm/H2O)なので蒸れずらく、多少の雨が降っても撥水してくれます。

さらに尻部にはロングライド用のメガ極厚パッドが付いているので、自転車の振動やサドルとの摩擦によるダメージをかなり軽減します。

あらゆる動きに対応する伸縮性や蒸れにくさ、吸汗性や通気性が整った最高品質の物となっています。

購入者レビュー

初心者です。200kmほど走り、3000円くらいのパンツを使用していましたが、お尻というか、股の付け根が腫れて来ました。今日初めてこれを履きましたが、もう乗りたくなかったのに、20km走り、物足りなくてまた走りました。最初からこれを履いていたらどうだったかと思います。パンツだけはいいものを最初から履いてください。
身長161cmウエスト80cm Mでちょうど良かったです。

Amazon カスタマー

自転車用ではなく、オフロードバイクの防寒用インナーとして購入しました。
オーバーパンツのルーズなシルエットが嫌で、防風性と保温性に期待して本品を選びました。
非常にタイトにフィットするので、モトクロスパンツの下に履いてもシルエットが崩れません。
また、自転車用だけあって大変ストレッチが良く、動きも妨げられません。
防風性と保温性に関しては、自転車より平均速度の早いオートバイでは、舗装路の移動中はウンドブレーク素材でない腿裏部分が多少寒く感じます。
一方、悪路に入って体の動きが大きくなる場面では、汗ばんでも透湿性の良さで不快なベタつきがなく快適です。
最後に、サイズ感ですが相当タイトにフィットしますが、締め付けられる不快な感じは皆無です。
身長176cm、体重72kg、ウエスト85cm,股下78cmでサイズLでピッタリでした。

Amazon dale

3.Santic サイクルパンツ

冬用のサイクルパンツでありながら、カジュアルなデザインなので普段から着る物としても使えるので非常に使い勝手の良い商品です。

表面に防風素材、内面に裏起毛素材を使用しているので、サイクル用のパンツとしても性能が高い物となっています。

普段着として使う事も考えるとかなりコスパの良いサイクルパンツとなっています。

購入者レビュー

身長170cm、体重78kg、ウエスト93cm。レースパンツの上に履けるパッド無しサイクルパンツをさがしていました。デザインが気に入り、いつもLかXLか悩むのですがウエスト重視でXLを購入。履いてみると全体的ダブダブ。返品して新たにLを購入し、はいてみると全体的に少しまだ余裕があるがピチピチが嫌だったのでサイズは私の好みにピッタリ。履いた感触も良く価格も考えると星5コですね。サンテックが大変気に入り、さらにLのパンツ1枚とLの上着2枚、追加で購入。デザイン、価格、サイズ感、ホウセイ、すべて満足しです、

Amazon 爺ライダー65

身長165センチ体重60KでMサイズでちょうどいいです。しいて言えば少し長めですが、腰まわりはピチピチじゃなくて自分的にはちょうどいいゆるさです。生地はかなり厚めで気温一桁位じゃないと暑くて汗で蒸れそうです。
水をかけてみましたがコロコロと玉になって撥きます。生地が厚いので仕方ないかもしれませんが、ひざ周りがもう少し動かしやすいとなお良いですね。
値段を考えたらお買い得な商品だと思います。

Amazonカスタマー

Uber Eats配達員の手袋

以外に忘れがちなのが手袋です。

衣服は冬に対応できていても手袋をしないと寒さで配達どころでは無くなります。

Uber Eats配達員が手袋に求める機能は、防風性能スマホが操作出来るかです。

防風性能があれば、速度を出しても冷気を感じる事がないのでこの機能が必須です。

また、配達員は何度もスマホを操作する必要があるのでスマホ操作にも対応している手袋が良いです。

おすすめの手袋

1.F-TUBAME® サイクルグローブ

負担のかかりやすい手のひらの部分に、5mm耐震シリコンパッドが付いているので自転車の衝撃に強く、表面には滑り止め加工がされている高機能の手袋となります。

また、防水生地で出来ているので多少の雨でも問題なく配達を行う事が出来ます。

もちろんスマホ操作にも対応しているので、配達中でもマップを確認するのにスマホを操作する事が出来ます。

裏面には防風裏起毛加工がされているので快適に走行する事が出来ます。

購入者レビュー

同社の指だしグローブを既に愛用しており、秋冬に向けて先に購入。
こちらもしっかり作られており、シマノやパールイズミに比べると劣るが、消耗品で直ぐだめになるグローブとしてはこれぐらいの値段のものを使いつぶすほうがいいのではないかと思います。ロングライドでもしっかり疲れないので入門用としてオススメなブランドです。

Amazon “granblaber”

自分は手の甲の幅が9cmあるので、サイズLかMか迷いましたが、指の長さが8.5cmなのでMサイズにしました。手の甲はピッチリとキツイ感じはしますが、指の長さは丁度でした。タイトな感じは、時間がたてばグローブが伸びてくると思うので気にしていません。
色は一番地味なグレーを選びました。安全の面からいえば派手な色がいいかもしれませんが、気持ちが落ち着くシックな色もいいかなと思います。生地的には指をカットした夏用のグローブから比べると厚くて、今の季節、防寒になります。真冬の0℃以下になる時期には少し心もとない気もしますが、着用時の軽快感は悪くありません。雨のときにも使いましたが、確かに撥水性はあります。土砂降りのときはわかりません。
手のひらの5mm厚耐震シリコンパッドは厚くはありませんが、滑り止め効果が高く衝撃をよく吸収してくれます。一応、親指と人差し指の先に導電性素材の特殊繊維とやらが貼り付けてあって、スマホ対応となっています。画像からもわかる通り、指・甲の縫製が立体的で手を楽に入れることができ、バイクのブレーキ操作等問題なくできます。
別に長距離走る時だけでなく、ちょっとそこまででも手の防護という観点で、サイクルグローブは必須だと思います。

Amazon ママゾンのTT

2.パールイズミ ウィンドブレーク ウィンター グローブ

サイクル用品大手のパールイズミの冬用サイクルグローブです。

このモデルは5℃まで対応出来るので冬の冷たい風も地肌に届く前に遮断してくれるので、冬配達には一枚持っておきたい手袋です。

防風性はもちろんですが、透湿性能も優れているので、手袋でありがちな中での蒸れを軽減させます。

また、人差し指と親指にはスマホ操作が可能になる加工をしているので安心して下さい。

購入者レビュー

これまで安いものを使ってました。
中は蒸れるし、風は通すし、あったかくもないしで思い切ってこのグローブを買ってみました。

買って正解でした!
安物の中華製グローブを何個も買うよりこちらを買った方が良いです。
程よいグリップも疲れないので良いです!

Amazon キン

さすがのパールイズミ。しっかりとしたつくりです。手首も暖かい。気温10℃くらいまでは使えます。朝晩の気温が低い時間帯は、インナーグローブが必要です。

Amazon カスタマー

3.SIMARI 防寒グローブ

サイクル用の冬用グローブでコスパの良い高機能グローブです。

寒い冬でも対応できる様に、裏起毛となっており表面にはグリップ力が良くなる様に滑り止め加工がされています。

また、人体工学設計により各指ごとに角度を変えて手の力を抜いた、自然な指の曲がり方を再現しています。

スマホにも対応しているので配達中でも容易にスマホを操作できます。

購入者レビュー

主にカメラグローブとして購入しましたが使いやすいので普段から使おうと思っています。
予想以上にしっかりした作りで裏起毛が暖かいです。
タッチパネルの反応も申し分ないですし掌の滑り止めでカメラもしっかりホールド出来ます。

サイズは大きめだと思います。
当方女性で指が長いのですがSでぴったりでした。
女性用の手袋はLサイズでも指の長さが足りない事もしばしば。
こちらは指の長さがぴったりのため全体の長さも充分出て文句ナシ。
ちなみに中指(ネイルの長さ0.2cm含む)8.5cm 掌周り17.5cmです。
このお値段でこのクオリティは大満足。もっと早く買っておけば良かった。

Amazon GG

他のレビューでも言われている通り薄手ですがかなり暖かいです。また、薄手といっても、普通の冬用手袋のようにモコモコなのではなく手にピッタリとしているという話であって、決してペラペラではありません。生地は結構しっかりしてます。手首まで長く覆ってくれる上にぴったりと閉じて風の侵入を防いでくれる、とてもいい製品です。加えてこの値段ですから気軽にガンガン使い倒せます。

Amazon 名無しさん

あると便利なグッズ

これから紹介するのは、あるとさらに良くなる追加グッズの紹介です。

基本的には、インナー・アウター・ボトムス・手袋を揃えたら冬の配達は十分行えます。

しかし、冬の配達に快適性を求めるなら以下のグッズがあると良いでしょう。

シューズカバー

このアイテムはあまり聞いた事が無いのではないでしょうか。

シューズカバーは主に2つの使い方があり、一つは雨や汚れへの対処です。

革靴など高価な靴が雨などで痛まない様にするために防水防汚機能のあるシューズカバーがあるのです。

もう一つの使い方が、寒さ対策です。

冬は足先から冷えると言いますが、それに対処できるのがシューズカバーです。

専用素材でできたシューズカバーは足にくる冷えを軽減するので、冬に長時間配達を行っても冷えずらくなります。

ただ、シューズカバーは安物だと底の部分が損傷しやすいので、もし購入するのであればブランド物を購入した方が良いです。

カイロ

もはや冬のグッズの定番中の定番ですね。

ただし、カイロにも種類がたくさんあり、その中でもオススメなのが靴下用カイロです。

足先の冷えを軽減するには、シューズカバーだけでなくカイロでも対策できます。

しかもカイロの場合温かくなるので効果がかなり高いです。

使い方も簡単で、靴下に直接貼るだけで良いので誰でも簡単に使う事ができます。

予算をかけずに冬対策をしたい方は靴下用カイロはオススメです。

まとめ

以上がUber Eats配達員の冬の防寒対策となります。

必須なのは、インナー・アウター・ボトムス・手袋で、これが無いと冬の配達はかなり困難になります。

コスパの良い安価な物なら全て揃えても1万円以内に購入する事ができ、1〜2日の配達で十分に回収できるので揃えておいた方が良いです。

冬は寒さで配達員が少なくなり、逆に外に出たく無い人が注文をする事が多くなるので稼ぎ時です。

防寒対策をしないで非効率的に配達するよりも、防寒対策をして効率的に配達する方が確実に稼げるので防寒対策だけはしっかりとして配達をしましょう。

1万円以内の最強コスパセット

タイトルとURLをコピーしました