採用担当が教える!バイト面接で気をつける4つのポイント

アルバイト

こんにちは、すずなしです。

初めてのアルバイトって緊張しますよね。

アルバイトは人生で一番最初にお金を貰う労働です。

高校生でもアルバイトをしている人が多い世の中ですが、初めてのアルバイト面接ってとても怖いですよね。

「何を聞かれるんだろう」

「合格の基準はなんだろう」

「服装はどうしよう」

など様々な疑問がありますよね。

そこで実際にコンビニアルバイトの採用担当もしている私がアルバイトを受ける際に気をつけた方が良いポイントを4つご紹介します。

PR

面接のポイント

アルバイト面接

では、次は面接時のポイントです。

初めてのアルバイトでは面接が一番緊張しますよね。

アルバイト面接時に私達、採用担当者がチェックしている事を踏まえて気をつけるべき4つのポイントはこちらです。

1.勤務日数・時間

アルバイトにおいてはここが一番最初にチェックされる所です。

コンビニの場合24時間営業しているので、どの時間に勤務したいのかが重要です。

基本的に人数の足りていない時間帯の応募で無いと採用する事はありません。

人数が足りていても採用する場合としては、応募した人が経験者の場合のみです。

✔️ここがポイント

この時に気をつけるのが、○○時しか入れませんと言わない様にして下さい。

この様に言ってしまうと勤務できる時間が限られた人という印象になる為、採用されにくくなります。

基本的には入る事ができる日数や時間は、少し盛って伝えた方が良いです。

例1)週2日しか入れない場合→「週2〜3日入れます」「時間がある時は週4日入れます」

例2)一日3時間しか入れない場合→「3.4時間くらいは働けます」「時間がある時はがっつり入れます」

と伝えるのが良いでしょう。

こういう事で、そこそこ入る事ができる人という印象になります。

ただし、「週5日入れます」や「6時間働けます」と明らかな嘘をついてしまうと後々大変な事になるので少しカサ増しして伝えるくらいにしてください。

また、勤務できる曜日はなるべく嘘をつかない方が良いです。

学生の場合絶対に勤務できない様な曜日もあると思うので、そういった場合はあらかじめ伝えておくと採用された後が楽になります。

土日に関しては、「多分入れると思います」と少し言葉を濁す伝え方をすれば大丈夫です。

2.容姿・格好

勤務時間などの次に重要なのは容姿や格好です。

接客業の場合だと清潔感などは非常に重要です。

特別可愛いや格好良いという必要はなく、あくまで清潔感があるか無いかです。

髪の毛の状態がボサッとしている人は清潔感があまり無い印象なので減点されます。

なので面接時は、なるべく清潔感のある格好で行った方が良いです。

✔️ここがポイント

ではどんな格好で行けば良いのか悩むと思いますが、そこまで考える事はありません。

高校生の場合は制服で行けば問題無いです。

またそれ以外の場合では、Tシャツ一枚ではなくTシャツとアウターという風に何かを羽織るくらいで十分です。

よほど格式のある様なアルバイトで無い限りはスーツなども着る必要は一切ありません。

3.コミュニケーション

やはりアルバイトではコミュニケーションが取れるかどうかは重要です。

仕事を教えたり、分からない事を聞く事ができるかどうかはアルバイトで重要になるので、面接の段階で全然話せない様な人だと採用されにくいです。

✔️ここがポイント

面接の時は緊張すると思いますが、しっかり会話する様にして下さい。

基本的にはお店側から質問される事がほとんどなので、その質問にしっかり答える様にすれば問題ありません。

ただし、質問には答えていても声が小さいと何を言っているのか伝わらないので、なるべく大きな声で話す様にすると良いでしょう。

また、よく笑っている人は明るい人と好印象なので採用に繋がりやすいです。

4.経験

アルバイト未経験か経験者かは、かなり重要視されます。

未経験者の場合は1から教える必要があるため、お店側の負担が大きくなるので経験者に比べると採用される可能性は低くなります。

しかし、最近では人数不足もあり未経験者でも歓迎しているお店が多いので初めてのアルバイトでも安心して下さい。

✔️ここがポイント

それでも初めてのアルバイトだと不安ですよね。

そんな時は、やる気がある事をアピールすれば良いです。

未経験者の採用で重要になるのはやる気があるか無いかです。

やる気がある人は、お店側もこれからの成長に期待出来るので採用することが多いですが、「何となく応募しました」という風なやる気の無い感じだと成長に期待できないので採用しないことが多いです。

安直な言い方ですが「初めてのアルバイトなので頑張りたいです」という風に言うと好印象になります。


以上4点がアルバイトの面接時に気をつけるポイントです。

この4つを抑えていれば落とす事は、ほとんどありません。

人手不足のお店が多いので、かなり採用されやすくなってはいますが、上の4つが出来ていない様な人は割と落としてしまいます。

そうしないとお店の負担がより増えてしまいますからね笑

アルバイト応募方法

アルバイトの応募方法によって合格するかしないのかの違いですが、実はWEB応募と電話応募では採用されるかどうかに違いがあります。

なんで応募方法で違うの?と思うかもしれませんが理由は単純です。

WEB応募は応募されている事に気づかない可能性があるんです。

アルバイト募集サイトで応募をすると、応募した店舗に応募者の情報が送られるのですが、これは基本的には専用サイトを開かないと情報を見る事ができません。

頻繁にこの専用サイトをチェックしているお店なら応募にすぐ気付きますが、あまりチェックしていないお店の場合、そもそもの応募に気づいて貰えない可能性があるんです。

もちろんお金を払って募集しているのでなるべくチェックはしていますが、チェックしていない事もよくあります。

なので、確実に応募をしたい場合は『WEB応募』では無く『直接電話で応募』をした方が良いでしょう。

直接電話で応募をするとお店側はアルバイトの応募が来たことが分かるので確実です。

アルバイト応募サイト

電話での応募は緊張するからWEBで応募したいと思う人も多いですよね。

アルバイトの応募に利用するならこの3つが良いでしょう。

タウンワーク


画像をタップで応募サイトへいきます

かなり有名なサイトなので知っている人が多いと思います。

おすすめの理由としては募集の多さにあります。

コンビニなどと企業提携している事が多いので、よりたくさんのお店がタウンワークで募集しているので家の近くなどこだわりの条件でアルバイト先を見つける事ができます。

会員登録も無料ででき、簡単に応募できるのも魅力ですね。

マイナビバイト

マイナビバイトも有名アルバイト募集サイトです。

他のアルバイトサイトに比べて学生に特化しているイメージがあるのがマイナビバイトです。

学生に人気のアルバイト(塾講師やカフェ店員など)を広く扱っているので、様々な職種の中からバイト先を探したい人にオススメのサイトです。

タウンワークに比べてお店側が支払う募集費用が高いと聞いた事があるので、マイナビで募集しているお店はアルバイト募集に力を入れているイメージがあります。

キャリアバイト


↑画像をタップで応募サイトへいきます

こちらは他の2つに比べて知らない方も多いのでは無いでしょうか。

アルバイトの時間も有益に使いたい人にオススメなのが”キャリアバイト”です。

こちらで募集しているのはアルバイトと言うよりも仕事に近いような感じです。

インターン募集など将来のキャリアに繋がるアルバイトを多く募集しているので、より確かな能力を養えます。

ただし、先程も記述している通りアルバイトというよりも仕事に近いので勤務時間などに制約があり、他のアルバイトの様に好きな時間で働くという事が難しいです。

アルバイトにお金以上の物を見出したい人向けの募集サイトです。

裏話

お店によっても違いはあるのですが、採用か不採用かは面接時に分かるのです。

採用する権限を面接した人が持っている場合ですが、面接終了時に採用する事を伝えて、次の出勤日まで決めてしまいます。

わざわざ日を空けて連絡するのは手間なのでその場で採用してしまいます。

逆に不採用の人には「採用の場合は数日以内に連絡をします」と伝えて帰ってもらいます。

やはり直接不採用と伝えるのは心苦しいので、この様な方法を取る事が多いです。

タイトルとURLをコピーしました