結局どうなの?コンビニのイートインは使っても問題無い?

暮らし

10月1日の増税は様々な話題を読んでいますが、中でもコンビニなどでのイートインの利用はややこしくて戸惑う人も多いですよね。

ネットでは「イートイン脱税」と言う言葉が話題になるなど、多くの人の関心を集めている事が分かります。

そんな時に不安に思うのが、結局イートインは利用しても問題無いのかどうかです。

実際にコンビニで現役社員として働いている私が、コンビニのイートイン事情について詳しく説明していきたいと思います。

PR

イートイン脱税とは

まずは、ネットで話題になっている”イートイン脱税”とは何なのかを説明します。

2019年10月1日より、消費税が10%に引き上げられた事と同時に軽減税率が導入されました。

軽減税率では、「外食・酒類を除く飲食料品」の消費税は8%。

「それ以外の外食」の消費税は10%となる物です。

軽減税率

なぜ消費税が違うのかという疑問が湧くかと思います。

それは、世帯収入の低い方の負担を減らす為と言われています。

普段でも生活を切り詰めているのに、税金が上がる事でさらに生活が厳しくなると生活する事が困難になります。

そうなら無い為に、食料品などの生きていく上で必ず必要な物に対しては税率を8%のままにすると言うのが軽減税率です。

それに対し、お酒や外食などは生きていく上で必ず必要なものでは無いので税率が10%に引き上げられるのです。

外食とは

ここがポイントになるのですが、外食とは何を基準に外食と認定するのかが難しいのです。

レストランなどでご飯を食べる事を外食と認識するのは自然ですよね。

でも、食べ歩きやドライブスルーなどは外食というのか難しいですよね。

結論から言えば、食べ歩きやドライブスルー、持ち帰り商品については外食には当たらないのです。

なのでそういった商品の税率は8%となるのです。

コンビニのイートイン

ではコンビニのイートインはどうなのでしょうか。

コンビニでは買った商品を店内のイートインスペースにて食べる事ができます。

でも、レストランなどど違い店員ができたものを持って来る訳ではなく、自分で買ったものを食べているだけですよね。

これを果たして外食と呼ぶのか難しいですが、外食という扱いになります。

なのでコンビニなどのイートンで食事をする場合の消費税は10%となるのです。

イートイン脱税

話題のイートイン脱税とは何なのでしょうか。

本来であれば、イートインを利用する場合は10%の消費税を支払う必要があるのですが、それをせずに8%分しか払っていないというのが「イートイン脱税」です。

なぜこんな事が起こってしまうのでしょうか。

それは、コンビニの会計方法に関係します。

消費税が10%のレストランでは店内で食事をする事が明確にわかるので、お会計は全て消費税10%とできます。

ですが、コンビニの場合はお客さんがイートインを利用するのか利用しないのかを判断する事はできません。

「温めるからイートインを利用するんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、家が近くだから温める場合があり、温めているだけでは判断できません。

また、温めが必要ない物もある為、判断する事はかなり難しいのです。

コンビニでは食べた後に会計をするのではなく、会計をした後に食べる事ができるのでお客さんが商品を持ってきただけでは判断できないのです。

判断方法

ではこの判断はどうするのかが疑問ですよね。

ズバリ!コンビニのイートインか否かの判断はお客さんの自己申告となるのです。

自己申告!?と思いますよね。私もそう思います笑

でもこれは正式な判断方法で、お客さんがイートインを利用すると申告した場合は消費税10%で支払ってもらうのです。

お客さんの申告がない場合は持ち帰りと判断するので消費税は8%のままです。

申告しなかった場合

ではイートインを利用する旨を伝えずにイートインを利用した場合どうなるのでしょうか。

結論から言えば、どうにもなりません。

別に申告せずにイートインを利用しても問題ないのです。

何故か!?と思いますよね。

これは判断方法のずさんさにあります。

イートインを利用するか、利用しないかは会計時でのお客さんの気持ちで判断します。

「会計した時はイートインを利用するつもりは無かったけど、やっぱり利用したくなった!」

この場合、会計時にはイートインを利用するつもりは無いので8%で問題無いと判断されるのです。

つまり、”言ったもん勝ち”な判断方法なんです。

自己申告せずにイートインを利用したお客さんに対して、「消費税10%でお金を払って下さい」と言っても会計時は利用するつもりは無かったと言われたらそれまでです。

こんなずさんな判断なので安心してイートインを利用して下さい。

店員側の指示

では、今回の軽減税率について店員側にはどのような指示が出ているのでしょうか。

イートインの判断をしっかりする様に言われているのでしょうか。

答えは「何も言われてない」です。

店には別に何もしなくても良いと言う指示を出しています。

イートインを利用する際の会計方法は別であるのですが、判断方法が雑なのでわざわざ細かく見極める必要は無いというのがコンビニの判断です。

なので、「イートインを利用するけど申告しなかった」と心配に思う方もいるかと思いますが安心して下さい。

店員としては何とも思っていません。

むしろ会計の操作がややこしくなる為、面倒なのです。

結論

何かと騒がれている軽減税率ですが、コンビニのイートイン問題についての結論はたった一つです。

今まで通りで問題なし

別にイートインを利用したからといって消費税10%で払い直す必要は無く、わざわざイートインを利用する事を申告する必要も無いでしょう。

面倒な軽減税率ですが、コンビニにおいては今まで通りで問題無いので安心して下さい。

タイトルとURLをコピーしました