auの料金は安いの?高いの?
格安SIMと徹底比較

ネットの情報

auユーザーの皆さんは自分が毎月支払っているお金は高いと思いますか?

それとも安いと思いますか?

「色々と値引きされているから安い」と思っている人も多いですよね。

そんな悩みを解消するべく、実際にauに調査に行って色々と話を聞いてきたので、auと格安SIMとを比較したいと思います。

PR

au

まずはauの料金について見てみましょう。

比較は、先日発表されたiPhone11の64GBで行います。

そもそもスマホの料金プランってあんまりよく分からないですよね。

でもちょっと調べると以外に単純だったんです。

新auピタットプラン

まず最初は新しい料金プランの「新auピタットプラン」です。

このプランの特徴は、自分がスマホを使った分によって料金が変わるという事です。

1ヶ月の使用量料金
0〜1GB1,980円/月
1〜4GB2,980円/月
4〜7GB4,480円/月

自分がほとんど使わないのであれば1,980円/月のプランで利用する事ができます。

一番安く利用できるプランはこれです。

7GBを超える分は通信制限がかかります。

auフラットプラン7プラス

このプランは月に7GBまで利用できるプランで、月額料金は3,480円です。

このプランの特徴としては、Twitter・Instagram・Facebook・+メッセージのデータ消費が0になる事にあります。

なので、どれだけ上のSNSを利用してもデータ通信量はかかりません。

しかし、この特徴は以外に落とし穴で、上のSNSというのは基本的にほとんど通信量がかからないものなので実はあまりお得じゃないんです。

この事実をあまり知らない人が多いんですよね。

auデータMAXプラン

このプランは毎月のデータ容量に制限がありません。
つまり使い放題で利用する事ができるプランです。

最初の6ヶ月は1000円の割引が適応されるので、月額料金は6ヶ月目まで5,980円となっていますが、7ヶ月目以降は割引が適応されないので6,980円となります。

大々的に5,980円と表示されていますが、実際は6,980円です。

auフラットプラン25 Netflixパック

このプランは毎月25GBまで利用できるプランで、月額料金は5,150円です。

特徴としては、この料金の中にNetflixベーシックプラン(800円)の料金が含まれているのでこのプランに入ると自動的にNetflixベーシックプランに入る事ができます。

しかしこのプランは機種変更や新規契約時での12ヶ月間の値引きが適応されての5,150円なので実際のこのプランの月額料金は6,150円となります。


このプランを比較するとこの様になります。

プラン1ヶ月のデータ量月額料金+α
新ピタットプラン0〜1GB
1〜4GB
4〜7GB
1,980円
2,980円
4,480円
特になし
auフラットプラン7プラス7GB3,480円SNSが利用し放題
auデータMAXプラン制限なし6,980円
※6ヶ月間は千円割引き
特になし
auフラットプラン25 Netflixパック25GB6,150円
※12ヶ月間は千円割引き
Netflixベーシックが利用可能

プランの値段では、条件付きの値引きが適応された状態ので表示がされているので、利用してみると思ってた値段と違うなんて事が多いのです。

しかし、月額料金はこれだけではありません。

このプランに追加でいくつかのプランに入らなければなりません、

加入必須プラン

スマホを利用するには上のプラン以外にもいくつか入らなければならないものがあります。

端末代金

機種変更される場合、端末の代金を支払はなければなりません。

しかもauなどの販売店で購入する際、機種の代金はAppleで直接購入するよりも2万円ほど高いのです。

インターネット接続サービス

LTEネットに繋ぐためのサービスで、このサービスに加入しないとネットに繋ぐ事ができないので加入しなければなりません。

アップグレードプログラム

このサービスに加入した状態で12ヶ月利用した後、機種を変更したい時に、今使っている機種の代金がまだ払い切ってない分が無料になるものです。

分かり安くいえば、一年ごとに機種を変える人にしか、お得じゃないものです。

あまり頻繁に機種を変えない人には意味のない物です。

通話サービス

電話をする為に、このサービスにも加入しなければなりません。

一つ注意しないといけないのが、サービスに加入しても、20円/30秒の国内通話料がかかります。
衛星船舶電話への通話は50円/30秒がかかります。また、他社が料金設定している電話番号へは指定の通話料がかかります。

この注意書きは小さく記載されているので見落としがちです。

通話サービスは2種類あります。

通話定額

国内通話が24時間カケ放題の通話プランです。
電話をよくする人はこのプランに入ります。

月額料金は1,700円です。

通話定額ライト

1回5分以内の国内通話がカケ放題になります。

5分を超えた分は30秒ごとに20円の通話料がかかります。

月額料金は700円です。

オプションサービス

これは紛失な故障の際の保険みたいなもので、勝手につけられています。

よく付けられるのはこの2つで、

  • auスマートパスかauスマートパスプレミアム
  • 故障紛失サポートwith Apple Care Services

auスマートパス

月額情報量372円

最初の1ヶ月は無料。

auスマートパスプレミアム

月額情報量499円

最初の1ヶ月は無料。

故障紛失サポートwith Apple Care Services

Apple製品を購入する際はこのwith Apple Care Servicesのサポートになります。

月額料金は1,190円です。


加入必須の物をまとめるとこの様な感じになります。

追加加入プランプランの内容プラン詳細と月額料金
インターネット接続
サービス
ネットに繋ぐ為LTEネット:324円
アップグレード
プログラム
機種変更する為アップグレード
プログラムEX:390円
通話サービス通話をする為・通話定額:1700円
・通話定額ライト:700円
オプションその他・auスマートパス:372円or
・auスマートパスプレミアム:499円
・故障紛失サポート
with Apple Care Services:1,190円

追加で入るプランが

LTEネット+アップグレードプログラムEX+通話定額+auスマートパスプレミアム+故障紛失サポートwith Apple Care Servicesの場合

月額4,103円となります。

これは電話をよくする方の場合の追加料金です。

LTEネット+アップグレードプログラムEX+通話定額ライト+auスマートパスプレミアム+故障紛失サポートwith Apple Care Servicesの場合

月額3,103円となります。

これは電話をあまりしない方の場合の追加料金です。

LTEネット+アップグレードプログラムEX+通話定額ライト+auスマートパス+故障紛失サポートwith Apple Care Servicesの場合

月額2,976円となります。

これは一番安くした場合です。

auの料金

ここまで紹介したものをまとめて料金を計算するとこの様な感じになります。

iPhone11に機種変更して最安値のプランを組む場合
項目プラン内容月額料金
端末代金iPhone11(64GB) 48回払い1,854円(5,400円を店頭支払い)
料金プラン新auピタットプラン(1GB)1,980円
インターネット接続
サービス
LTEネット324円
アップグレード
プログラム
アップグレード
プログラムEX
390円
通話サービス通話定額ライト700円
オプション・auスマートパス
・故障紛失サポート
with Apple Care Services
・324円
・1,190円

合計の料金は6,762円です。

もし、家族で3回線以上契約して割引を適応して1080円引きにしても5,762円です。

auスマートバリューで固定電話などを契約すると500円円割引されるものがありますが、最安値の1,980円のプランでは割引が適応されません。

なのでこれがauの最安値のプランです。

仮に端末の値段を含めないとしても、月額4,908円となります。

これを高いと思うか安いと思うかは人によりますが、私にするとかなり高いです。

月に1GBしか使えないのに月額6,762円ですよ?高くないですか?

格安SIM

それでは次は格安SIMを見てみましょう。

格安SIMって何?と知らない方はこちらの記事をご覧ください。

格安SIMを利用すれば月額料金をめちゃめちゃ安くする事ができます。

格安SIMのデメリット

格安SIMは安いですが、2つだけデメリットがあります。

一つ目は通信速度が遅い事です。

昼間など回線が混雑する時間になるとWi-Fiがないとネットで調べる事が難しくなります。

私も2年間くらい格安SIMを利用していますが、確かに昼間などは通信速度が遅い様に感じます。

ですが、それ以外の時間では速度が遅いことはありません。

そういえる訳は、私はスマホを二台持っており、そちらはauで契約しているのですが、両者を比べると違いが分からないくらいの差だからです。

2つ目は、キャリアのメールが使えません。

キャリアのメールとは(@ezweb.ne.jpや@au.com、@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)で終わるメールアドレスで、大手キャリアと契約する事で使える様になるメールアドレスです。で

ですが、これはあまりデメリットでもなく、GoogleのGmailを利用すれば問題無いです。
Gmailは無料で利用できて、正直キャリアのメールよりも有用性は高いです。

格安SIMのよくある疑問

回線の速度は遅いのか?

昼間などの混雑する時間のみ遅く感じます。

電話できないのではないか?

契約内容によって普通に電話もできます。

電話番号変えないとダメなのか?

電話番号を変える必要は一切ありません。

今使っている電話番号のまま、利用する事ができます。

格安SIMはどこが良い?

でも実際に格安SIMにするとしてもどこを選んだら良いのか分からないですよね。

今では大手キャリアの料金形態に問題があり、格安SIMの利用者が増えた影響で多数の格安SIM会社があります。

どこが一番良いのか分からなくなりますよね。

選び方の基準は3つあります。

有名かどうか

一つ目は有名な所かどうかです。

有名なSIMの会社やマイナーなSIMの会社まで多数ありますが、選ぶなら有名な所です。

知名度のあるSIM会社はサービスの良さや通信の安定度が高いので選ぶなら有名な所が良いでしょう。
ちなみに家電量販店などで受け付けている会社は有名な所ばかりなので信頼できます。

値段

格安SIMといっても、その値段は様々です。

安すぎると不安に思うかもしれませんが、選ぶ基準としては1000〜2000円以内が良いと思います。

この値段帯であれば、安心できると思います。

追加サービス

格安SIMではそれぞれに特徴があり、SNSの利用は通信量が掛からないものなどあるので、そこのサービスの内容も選ぶ際の基準になります。

おすすめの格安SIM

では実際どこが良いのでしょうか。

私も格安SIMを利用しているので自身の経験と、実際に量販店に行き話を聞いた上で間違いなく、オススメできるのは、この3つです。

マイネオ

これは私も利用している所で、値段の安さが特徴のSIMサービスです。

マイネオはいくつもの賞を受賞しています。

▼マイネオの受賞一覧(一部のみ抜粋)

  • NTTコム オンライン NPS®ベンチマーク調査 2019
    MVNO・サブブランド部門 第一位
  • 格安SIMアワード2018下半期
    総合満足度 最優秀賞
  • 2018年度JCSI第3回調査
    MVNO 顧客満足度 1位
  • 2018年 オリコン顧客満足度調査
    格安スマホ 総合第1位
  • 家電批評2018年11月号
    格安SIMランキング第1位
  • NTTコム オンライン NPS®ベンチマーク調査 2018
    モバイル通信サービス部門 第1位
  • 2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査
    iPhone利用者シェア 第1位
  • 2018年9月格安SIMサービスの満足度調査
    顧客総合満足度 第1位
  • 2018年9月格安SIMサービスの満足度調査
    NPS®(おススメしたくなる)第1位

一部だけでもこれだけの賞を受賞しています。

詳細はこちら:マイネオ受賞一覧

マイネオが人気の理由

マイネオが人気の理由は多数あり、今までauやドコモ、ソフトバンクで使っていた端末をそのまま使う事ができます。

しかも、データ通信(3GB)+通話ができる様にしても月額1,510円とめちゃめちゃ安いんです。

でも大手キャリアの様に追加オプションが掛かるのでは無いかと心配な方いますよね。

安心して下さい。オプションをつける事はできますが、全て任意です
いらないと思うなら、最初から付けなくても大丈夫なんです。

なので月額1,510円だけしかお金はかからないのです。

マイネオの月額料金プランは以下の通り

データ容量シングル
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB700円1,310円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円

また使わなかったデータ容量をシェアする事ができるので、家族や友達と助け合う事もできます。

利用までの流れ

1.申し込みに必要な物を準備します

・本人名義のクレジットカード
・本人確認書類(運転免許証など)
・メールアドレス(Gmailなど)

2.WEBサイトで申し込みをして下さい

この時、本人確認書類などをデータで送ります。
写真などでOK。

3.SIMカード到着

1週間ほどでSIMカードが到着します。

あとは、そのままSIMを差し込んだら、その日から利用できます。


マイネオをずっと利用していますが、特に問題があったことはありません。

昼間などは混雑する事もありますが、人の多い繁華街でなければ、速度の遅さも気にすることはありません。

Y!mobile

こちらは、多くの家電量販でも受付ている格安SIMです。

Y!mobileはYahoo!が提供しているもので、かなり大手のSIMになります。

Y!mobile人気の理由

Y!mobileが人気なのは、割引特典などの特典にあります。

まず国内通話は一回10分以内であればかけ放題です。
10分を超えた分は、30秒につき20円の通話料がかかります。

また家族割やおうち光セットの割引サービスがあります。

▼家族割引サービス

家族で他にも利用している人がいれば、2台目以降の基本料が500円引きになります。

500円は少ない様に感じますが、そもそもの料金が安いので、この500円の存在はかなり大きいです。

▼おうち光セット

これは家でのWi-Fiが、「SoftBank光」か「SoftBankAir」を利用している場合、その家族全員が割引されるサービスです。

Y!mobile
公式画像より引用

家でのWi-Fiが、「SoftBank光」か「SoftBankAir」ならかなり安く利用できます。

▼Y!mobileの料金プランはこちら

料金プランスマホプランSスマホプランMスマホプランL
額料金初月:2,980円
2〜13ヶ月:1,980円
14ヶ月以降:2,980円
初月:3,980円
2〜13ヶ月:2,980円
14ヶ月以降:3,980円
初月:5,980円
2〜13ヶ月:4,980円
14ヶ月以降:5,980円
データ容量3GB9GB21GB
通話国内通話かけ放題
(1回10分以内)
国内通話かけ放題
(1回10分以内)
国内通話かけ放題
(1回10分以内)
特典Yahoo!プレミアムの
特典が使い放題
Yahoo!プレミアムの
特典が使い放題
Yahoo!プレミアムの
特典が使い放題

割引を適応するとこの値段からの値引きになります。


料金プランは少しややこしいですが、最初の1年間は、スマホプランSなら1,980円で2年目からは2,980円となります。

マイネオに比べると料金は高いですが、その他の特典を充実させていますね。

▼▼Y!mobileの申し込みはこちらから▼▼

端末とセットでもSIMのみのお乗り換えでも高額還元!「ヤングモバイル」!

UQモバイル

自分の使用頻度に合わせたプランを選べる人気のSIM、UQmobile。

キャッシュバックキャンペーンが豊富で人気の高い格安SIMです。

UQモバイルが人気の理由

UQモバイルは利用する人の使用頻度に合わせて3つのプランから料金を選択する事ができるのが人気の理由です。

▼UQモバイルの料金プラン

料金プランプランSプランMプランL
額料金1,980円2,980円4,980円
データ容量3GB
(26ヶ月目以降は2GB)
9GB
(26ヶ月目以降は6GB)
21GB
(26ヶ月目以降は14GB)
通話国内通話かけ放題
(1回5分以内)
国内通話かけ放題
(1回5分以内)
国内通話かけ放題
(1回5分以内)

さらにUQモバイルでは、UQ家族割があります。

2台目以降の契約では、月額料金が上記の金額から500円引かれたものになるのでさらに安く利用する事が出来ます。

▼初期費用無料

WEBからの申し込みをされた方限定で、送料・SIM代金・代引き手数料などにかかる初期費用が0円で利用できるのも人気の理由です。

通常3,800円かかる初期費用が0円で利用できるので、あまりお金をかけずに利用を始めたい人にオススメです。

キャッシュバック

これもWEB限定のキャンペーンで、端末とセットで申し込みをした方限定で、現金最大18,000円のキャッシュバックが行われます。

選べる端末には、GalaxyやAQUOSなど人気の端末から選べるので嬉しいですね。


最初にかかる費用を安く抑えたいという人に嬉しいキャンペーンを数多く行っているがUQモバイルの特徴です。

しかし、WEBからの申し込み限定のキャンペーンが多いので気をつけて下さい。

auと格安SIMの比較

それではauと各社SIM会社の最安値プランで料金を比較してみましょう。

検証内容は、データ通信(3GB)通話iPhone11で行います。1714

格安SIMのスマホはAppleで購入したものとして計算します。

会社プラン内容月額料金
auiPhone11(64GB) 48回払い+
新auピタットプラン(1〜4GB)+
必須オプション
7,762円(5,400円を店頭支払い)
マイネオiPhone11(64GB)48回払い+
デュアルタイプ(3GB)
3,024円
Y!mobileiPhone11(64GB)48回払い+
スマホプランS
割引適応時:3,694円
割引なし:4,694円
UQmobileiPhone11(64GB)48回払い+
プランS
割引適応時:3,194円
割引なし:3,694円

このように比べると月額料金にかなり差があるのが分かりますね。

実際にauのショップに行って、様々なプランでの検証を行いましたが、どんなに安くしてもこの値段が限界でした。

スマホのグレードを落とせば、端末代金を安くする事は出来ますが、通信量などの値段は安く出来ません。
auでは加入必須のオプションが多いので、それにより月額料金が増加しています。

キャリアの回線の良さは、速度だけなのでどうしても速度が早くないとダメという人でない限り、格安SIMで良いと思います。

毎月3,000円以上も節約できるのは嬉しいですよね。
家族が多いと、もっと節約できるので家族みんなで乗り換えるのもアリかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました