新型iPhone11&iPhone11proが凄すぎる!
Apple最新情報まとめ

話題の情報

本日、日本時間の午前2時から2時間に渡り、Appleのスペシャルイベントが行われていました。

今回の発表内容は、Apple Arcade、新型の10.2インチiPad、Apple Watch series5、iPhone11、そして話題の3眼カメラ搭載のiPhone11Pro/Pro Maxが発表されました。

初の3眼カメラは情報がリークされてから度々話題になっていましたね。

それでは、今回のイベントで公開された情報を見てみましょう。

PR

Appleスペシャルイベント公開情報

Apple Arcade

Apple Arcade

Apple Arcade(アップルアーケード)は、Appleが提供する、モバイル、デスクトップ、リビングで楽しむことができる世界初のゲームのサブスクリプションサービスです。

詳細

Apple Arcadeの特徴として以下の6つがあります

  1. 一つのサブスクリプションで全てをプレイできる
  2. 広告なし。追加の課金なし
  3. オフラインでも楽しめる
  4. 他のデバイスでもゲームを楽しめる
  5. 家族で6人まで共有することができる
  6. プライバシーが守られる

この6つの中から気になるものは3つです。

一つのサブスクリプションで全てをプレイできる

Apple Arcadeでは、配信開始時で100以上の新作タイトルのゲームが登場します。

この100以上のゲームを無制限でプレイすることができるのです。

しかも追加の課金をせずにです。
すごすぎる、ゲームのしすぎに注意しないといけませんね。

追加の課金が無い

Apple Arcadeは月額課金制で、その後の課金がありません。
よくあるガチャなどもここで遊ぶゲームなどには無いものと思われます。

最近のゲームでは、ガチャ要素ばかりのゲームでゲームの内容をちゃんと楽しめるものが少なくなっていたのでかなり楽しみです。

オフラインでプレイできる

配信されているゲームをダウンロードすることで、飛行機などのオフラインでもゲームを楽しむことができます。

まるで、DSやPS vitaですね。スマホゲームでオフラインでプレイ可能になるのはかなり嬉しいですよ。
一般的にスマホゲームを外出先でする際には、キャリア回線(ドコモやauなど)をしようしてプレイする方が多いと思いますが、それだと通信量がかなりかかります。
でもオフラインで遊べるということは、通信量を気にしなくて良いので、好きなだけ楽しむことができるのです。

他のデバイスでもゲームを楽しめる

このApple Arcadeの最大の特徴ともいえる機能です。

iPhoneで遊んでいるゲームをそのまま、iPad、Mac、AppleTVどれでもプレイすることができるのです。

iPhoneでゲームするの疲れたなと思えば、MacでもTVでもプレイすることができるのです。

windowsのPCではプレイできません。

またTVに関してもAppleTV出ないとダメです。

これによりさらにApple製品に対する依存度が進行しそうですね笑


Apple Arcadeは最初の1ヶ月間は無料トライアルが実施されているので、どんなものか試したい人は試しにプレイすることができるので実際に遊んで確かめてみて下さい。

トライアル終了後の料金は月額600円となります。

めちゃめちゃ安いやん。。。

配信開始は9月19日です。

発表内容

今回のスペシャルイベントでは、独自のタイトルとしてコナミ、カプコン、Annapurna Interactiveのタイトルが紹介されました。

コナミからはカエルを操り襲ってくる敵を避けながら進むタイトル、カプコンからは水に潜って深海を探索するタイトル、そしてAnnapurna Interactiveからはビジュアルが印象的なランアンドジャンプゲームが発表されました。

画像は配信ゲームの参考画像です。

Apple TV+

Apple TV+はApple TVアプリケーションで利用可能なオリジナルのビデオサブスクリプションサービスです。

他では観られないオリジナルのテレビ番組や映画、ドキュメンタリーを楽しむことができます。

発表内容

スペシャルイベントでは、夏に公開された『For All Mankind』、『Dickinson』、『The Morning Show』の3本予告編に続いて、オリジナルシリーズの『See』の予告編が初公開されました。

予告編はこちらから見ることができます。

Apple TV+
Apple TV+では、世界で最もクリエイティブな才能たちが生み出す番組や映画を楽しめます。Apple TVアプリでどうぞ。

オリジナルシリーズの配信開始は11月1日からとなります。

値段は月額600円となるそうです。

マジですか、安すぎますって。

映画館で映画を観る値段の1/3ですよ笑

さらに!

新しいiPhone、iPad、iPod touch、MacまたはApple TVを購入すると、
Apple TV+を無料で1年間楽しむことができるんです。

一年間無料です!

値段に換算すると7200円です。

近年値段の上がり続ける、新型iPhoneの購入に付加価値をつける感じですね
新しいiPhoneを買えば、7200円得ですよ!という思惑を感じてしまいます。

僕はそういう所も好きです笑

iPad

iPad10.2インチ
公式サイト画像

第7世代の新型iPadが発表されました。

10.2インチのRetinaディスプレイです。

本体の大きさは10.2インチとAirと同じ大きさなのでスマートキーボードを共有することもできます。

詳細

今まで人気だった9.7インチのiPadの後継モデルとされるのが10.2インチの新型iPadです。

機能の大幅強化が行われたiPad OSを初期搭載していることもあり、PC市場を狙っているのが見えますね。

さらにRetinaディスプレイを搭載。

またiPadとしてはじめてSmart Keyboardに対応しており、Apple Pencilもサポートしています。

製品は100%リサイクルアルミで製造されているので環境への配慮もしています。

・カラー
カラーはシルバー、スペースグレー、ゴールドの3色。

・ストレージ
32GBと128GBから選択可能。

・価格

10.2インチ新型iPad価格
Wi-Fi版32GB3万4800円
Wi-Fi版128GB4万4800円
Wi-Fi+セルラー版32GB4万9800円
Wi-Fi+セルラー版128GB5万9800円

本日より注文可能です。

Apple Watch Series 5

Apple Watch Series 5

新たに登場する新製品です。

9月20日より発売開始となり、価格は4万2800円(税別)となります。

詳細

今回登場のSeries 5では、これまでユーザーからの要望が高かった常用表示画面を実現しているのが最大の特徴となります。

常用表示になることにより不安なのでがバッテリーですが、バッテリー駆動時間はSeries 4の水準をキープした18時間となるので安心ですね。

なぜ常用表示なのにバッテリー持ちが同じなのか気になりますよね。

それは省電力化の新技術『Low Temperature Polycrystalline Oxide』(LTPO)技術によって製造された液晶によるものです。

この技術を用いることで常用表示でありながらSeries 4と同等のバッテリー水準となるのです。

発表内容

このApple Watch Series 5では、新たに3つの研究プログラムを追加しました。

・Apple Hearing Study:毎日の周辺音がどう健康に影響するのか

・Apple Womens Health Study:整理周期や妊娠について

・Apple Heart & Movement Study:心臓と運動の関係

プログラムにはボランティアとして誰でも参加することができます。

新たにコンパスアプリが追加され、地図を見た際に自分がどの方向を見ているかが分かるようになります。

安全機能としてセルラーモデルはiPhoneなしでもインターナショナル緊急コールが可能になります。

この製品も環境に優しい100%再生アルミニウムが使用されており、環境への配慮が伺えます。

また、新モデルとしてチタン製とセラミック製が追加されました。

このSeries 5の登場により、Apple Watch Seriese 3が値下がりになり1万9800円となったのでこれまでよりもApple Watch を持ちやすくなりましたね。

iPhone 11

iPhone 11

多くの人が楽しみにしているiPhone 11です。

iPhoneのスタンダードモデルになります。

詳細

iPhone11では、6.1 Luquid Retinaディスプレイを搭載。
本体サイズは75.7(幅)×150.9(奥行き)×8.3(高さ)ミリ、重さ194グラムとなりiPhone XRと同じになります。

またiPhone11ではXRでは一つだったアウトカメラ(外側のカメラ)がデュアルカメラ搭載となります。
35mm判換算26mmの標準的な広角レンズ(F1.8)に加え、13mmの超広角レンズ(F2.4)を備えたものになり、イメージセンサーは1200万画素、光学式手ブレ補正は広角レンズのみの搭載となります。

撮影モードにナイトモードを追加しました。

比較画像はこちらです。

左が従来のもの、右がiPhone11で撮影したものになります。

もう別ものですよね。
性能上がりすぎっすね。

暗いところでも鮮明に映るので、iPhoneユーザーの撮影の幅が広がりますね。

また、セルフィーカメラ(内側のカメラ)でも4K動画スローモーション動画が撮影できるようになりました。

チップセットは1秒間に1兆回の計算ができる」、スマホ最速CPU、スマホ最速GPUのA13 Bionicチップを搭載

これにより、ゲームのプレイにかなり影響を与えます。

イベントでは中国のモバイルゲームGiantのYang Yangさんがゲームのデモプレイをしてチップのアピールをしました。

バッテリー持ちはXRにプラス1時間となりました。

さらに水深2メートルで最大30分耐えられる「IP68」に対応しXRの「IP67から進化しました。

iPhone 11Pro&ProMax

iPhone 11Pro&ProMax

そして最後がiPhone 11Proです。

ついにProのレベルがiPhoneにもやってきました。

ネットで話題の3眼カメラを搭載しており、性能が格段に上がります。

詳細

3つのカメラは、

超広角カメラ

焦点距離13mm
f/2.4絞り値
5枚構成のレンズ
120度の視野角
4倍広いシーン
12MPセンサー

広角カメラ

焦点距離26mm
f/1.8絞り値
6枚構成のレンズ
光学手ぶれ補正
100%Focus Pixels
12MPセンサー

望遠カメラ

焦点距離52mm
f/2.0絞り値
6枚構成のレンズ
光学手ぶれ補正
2倍の光学ズーム
12MPセンサー

の3種類で構成されており、より広い視野を活かして撮影することができるようになりました。

4倍光学ズーム、2倍ズームイン、2倍ズームアウトが可能になりました。

iPhone 11Pro&ProMax
iPhone11Proで撮影した写真

スマホのカメラでここまでのディテールを捉えることができるなんて凄すぎますね。

チップにはA13 Bionicチップを搭載。こちらはiPhone11と同じです。

バッテリー持ち時間も上がり、iPhone Xsから比較してiPhone11Proでプラス4時間、Maxでプラス5時間と格段に長くなっています。
これはもう、成長というより進化ですよね。

iPhone 11Pro&ProMax

動画アプリ「FiLMic Pro」では、iPhone11Proの複数カメラでの同時撮影ができます。

アウトカメラとセルフィーカメラを同時に撮影することができます。

また、ディスプレイはSuper Retina XDRを搭載。

最大1200nitのこのディスプレイは、これまでのiPhoneの中で、最も明るい有機ELディスプレイとなります。

コントラスト比は200万:1、解像度は458ppi。
iPhone 11 Proは2436×1125ピクセル、iPhone 11 Pro Maxは2688×1242ピクセル。

ボディはステンレススチールを採用。

防水機能もiPhone11と同じ「IP68」となります。

カラーは、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーン、ゴールドの4色から選ぶことができます。

価格は、iPhone 11 Proが10万6800円、iPhone 11 Maxが11万9800円となり、iPhoneシリーズの中で最高額となります。

ついに登場したiPhone Proですが、値段がかなり高いですよね。

年々値段の上がっている新型iPhoneですがMaxだと約12万円と、安易に手を出せるレベルの値段では無くなってきましたね。

しかし、今回のiPhone 11シリーズの登場により、iPhone 8が5万2800円、iPhone XRが6万4800円となったので、買い替えるには良いタイミングとなりました。

でも、やっぱり最新機種が欲しいよね笑

Appleストア

Appleストア

Appleストアでは、Apple Watchの盤面・バンドがすべて試せるスタジオコーナーをスタート。

ニューヨークの5番街ストアが新しくなります。世界最大のAppleストアになることが発表されました。

まとめ

今回発表されたのは以上です。

発売日と価格をまとめたものがこちらになります。

発表内容発売開始価格
Apple Arcade9月19日月額600円(初月無料)
Apple TV+11月1日月額600円(一年間無料キャンペーン有)
iPad9月20日Wi-Fi版32GB:3万4800円
Wi-Fi版128GB:4万4800円
Wi-Fi+セルラー版32GB:4万9800円
Wi-Fi+セルラー版128GB:5万9800円
Apple Watch Series 59月20日4万2800円
iPhone 119月20日64GB:7万4800円
128GB:7万9800円
256GB:9万800円
iPhone 11Pro&ProMax9月20日-iPhone 11 Pro-
64GB:10万6800円
256GB:12万2800円
512GB:14万4800円
-iPhone 11Max-
64GB:11万9800円
256GB:13万5800円
512GB:15万7800円

個人的に今一番欲しいのはiPad Proなんだけど、こんな発表見ると買いたくなりますよね。

自分へのご褒美ってことで買おうかな・・・

紹介した製品は本日よりAppleストアで購入することができます

Appleストアはこちら

タイトルとURLをコピーしました